『好きだ、』

f0122895_347838.jpg も ん ぜ つ し た

年甲斐もなくドキドキしてしまった

ザックリ言えば
高校んとき両想いだったけど、互いにちゃんと想いを伝えきれず
30過ぎてからその二人が再会しちゃって・・・みたいな

セリフはすごい少なくて、淡々と話が進んでいく感じ
とにかく映像がキレイだなーと思った
若干うすく青みがかったような色で、前半の主な舞台の川原では
空の青と草っぱの緑と制服の黒と、あと肌色、その組み合わせが妙にキレイに見えた

ちょこっとだけ『珈琲時光』に似てる気もする
けど、『珈琲時光』は、背景として存在する東京の街の中の、その一部として主人公達の生活が
あって、それらを俯瞰してるようなイメージだった
だから、人以外にもいろんなもんが映りこんでた感じだったけど
こっちの場合はもう、人が、人が!って感じ
やから、そのぶん主人公たちの心の動きとかにすんごい意識がいったし
表情とかからそういうのがめっちゃ読み取れる、てか読み取りたくなる
セリフがない長い間も全然苦痛じゃなくて、むしろめっちゃ表情とか身振り手振りを凝視してしまった

全く万人受けしそうな作品やないから、人によってはヒマな映画かもしらんけど
とりあえず妄想族であるオレにとっては、すんごい良かったです
リアルにDVD欲しい

てか、宮﨑あおいがバリかわいい
[PR]
by beru1224 | 2008-06-28 04:11